トップページ

物理療法

物理療法とは 、熱や光線、電気といったエネルギーを利用して、 障害がある部位を改善していく治療方法のことです。この物理療法だけで機能回復するのは難しいのですが、運動療法と併用して行うことで、より効果的な治療をすることができます。 この物理療法には色々な種類があり、温熱療法、寒冷療法、電気刺激、超音波、レーザー療法、 牽引療法などがあります。 障害が起きている部位では、痛みがあったり、 腫れなどの症状を引き起こしていることもあります。このようなケースでも、温熱療法によって痛みを軽減させたり、寒冷療法によって腫れを抑える効果も期待できます。超音波には、痛みの軽減や血流の改善効果なども期待できます。 痛みや腫れなどがあると、運動療法を行うのも難しいです。しかし、この物理療法によって、運動療法をしやすい状態へと導き、運動療法の効果を高めることにもつながるのです。 リハビリテーションでは大きな助けとなる物理療法ですが、この治療では様々な機器を使うことにもなります。その機器の使い方や設定によって、患部に悪影響が及ぶ可能性もあります。そのため、理学療法士は、安全に使用するために、このような物理療法で使用する機器に対しての知識も求められます。