トップページ

運動療法

リハビリテーションと言うと多くの人がイメージするのが運動療法です。運動療法とは、機能障害をきたしている部位に対し自分で動かしたり、 理学療法士が補助しながら運動し、その部位の機能を回復させるためのリハビリテーションです。この運動療法にはいくつかの手技や方法があります。 関節の動きが悪くなっている場合には関節可動域訓練を行います。この訓練によって、関節の可動範囲が広くなったり、滑らかに関節を動かせるようになります。 筋肉や神経などの機能回復ではストレッチを行います。手術や怪我によって長期間体を動かさないことで筋肉が硬くなり、基本動作が出来なくなることがあります。専門的な知識のある理学療法士が補助となりストレッチをしていくことで、基本動作の回復が可能となります。 また筋肉増強運動や心肺機能を高めるような運動を行うこともあります。骨折のような状況では長期間固定されていたため、動きが悪くなるだけでなく筋力の低下しています。基本動作を行うための筋力を回復させることで、日常生活を送りやすい状態になります。 このように運動療法は、体を直接動かすことによって日常に必要な基本動作ができるように回復をするためのリハビリテーションです。